So-net無料ブログ作成
検索選択

欅坂46「不協和音」の伏線?! [アイドル]

欅坂46「不協和音」の伏線?!


欅坂46「不協和音」MVをYouTubeで観るのが日課です。


仕事から帰宅して、最低5回はリピート再生してます(笑)


そして観れば観るほど、聴けば聴くほど、「不協和音」に惚れます!


スポンサーリンク




経験上、最初聴いたときはそうでもない曲が、


あとになってどんどん良くなるパターンてありがちですが、


まさにそのパターンの気がしてます。


「不協和音」って反骨心ある歌詞で、


長いものには巻かれろ的なことに反発して、


自分の考えをもっと主張していこうというような内容なのですが、


この強いメッセージを聞くと、胸がすく想いがするんですよね~


10代の若者ではなくてもこの世界観にはしびれますよ(笑)


平手友梨奈は、相変わらずひとり際立つ存在で、


ますますカリスマ性を増している感じです。


「不協和音」のセンターはそりゃあ平手ちゃんだわ、


他のメンバーの可能性をあれこれ議論しちゃってほんとすみませんて感じ(笑)


笑顔でぶりぶりに歌るアイドルの王道曲とは到底かけ離れているのが


欅坂46の「不協和音」という楽曲なんですが、


この「不協和音」を聴いたら、


きっと運営サイドとしては、


欅坂46で今までのアイドルグループとは


違うことをしようとしているのがよく分かります。


例えば、同じ坂道グループの乃木坂46を取り上げてみても、


清楚で上品なお嬢様の、明るく華やかな楽曲が多いじゃないですか。


欅坂46の楽曲とはまったく異質です。


欅坂46の楽曲にも、「手を繋いで帰ろうか」や


「青空が違う」などのアイドルの王道曲というのも確かに存在するのですが、


前面に出ているカラーは、「サイレントマジョリティー」のような、


大人や社会に反発して、自分の主張をしていくみたいな感じじゃないですか~


今回の「不協和音」の発表によって、


”やはり欅坂46の進む道はこっちだよな~”と


妙に納得してしまったんですよ(笑)


スポンサーリンク




「不協和音」MVの好きなシーンっていっぱいあるのですが、


まずは、1番目の「殴ればいいさ」って箇所で、


平手友梨奈がソロでダンスをするところ!


俊敏な踊りが超かっこよくて、惚れます(笑)


あとは、織田奈那、尾関梨香、長沢菜々香の真剣な表情で踊るところ。


普段はほわっとして穏やかな微笑みを浮かべているメンバーが


キリッと真剣な表情をしているとドキッとします。


あとは、以前も書きましたが、


終盤平手友梨奈が不敵な笑みを浮かべるところ。


この不気味とも言える平手友梨奈の笑みを観たくて


MVを何回も再生してる感もあります(笑)


どうしても平手友梨奈のシーンばかりを挙げてしまうのですが、


それだけ平手ちゃんインパクト強いのよ!(笑)


センターだしMVではよくアップで映るってのもあるけど、


オーラが際立っていてつい平手友梨奈に目がいっちゃうんだよね~



そして、今回の「不協和音」MVを観るたび思ったのが、


もしかしたら平手友梨奈が最近テレビ番組で笑顔を見せないのは、


「不協和音」MVの伏線か・・・??


この反骨心や怒りがあふれる世界観をより浸透させるために


運営サイドがひとつの作戦として、


平手友梨奈をなるべくクールで


笑顔をみせないキャラに見せようとしてる・・・みたいな。


本当は平手友梨奈自身は面白い時は笑いたいんだけど、


いわば役作りのために、笑顔を封印している・・・


考えすぎでしょうね、すみません(笑)



以上、「欅坂46『不協和音』の伏線?!」でした!


今回も最後までお読み頂きありがとうございました!


それでは失礼いたします!


スポンサーリンク


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。